<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

怒2

家に帰って昨日の試合、ひとつのシーンだけを確認したくて、ビデオチェック。そう、2点目のPK献上のシーン。正直ハンドしちゃったかな!?っていう気持ちがあったけど、改めて確認。その結果・・・。

やっぱエリアの外じゃん!!(怒)


それと内田っていう認識だったけど、坂本隊長だったね。それにしても酷い。あのシーン、主審は坂本の正面側からプレーを見ていたはずなのに・・・。ハンドっていうのは仕方ないけど、明らかにペナの外でしょう。結果論だから言ってもしょうがないし、あれが無くても後半立ち直っていい試合ができていたかは不明。ただ、線審の意見も聞いたほしかったな。
[PR]

by corpcity | 2007-04-29 21:55 | アルビ



新潟0-6横浜


やっちゃいましたね。悪い病気再発。アウェイならまだしも、ホームでは見たくなかったな。しかも今期最多の観客動員だったのにね。不敗神話・・・。そんな話ありましたっけ?まぁネガティブな話をすればいくらでも出てくるんだが、ここはあえて前向きに考えよう。ポジティブシンキング。今日の収穫といえば、松尾。バリバリ使えそうな感じだった。空中戦も、フィジカルも強い。終了間際のヘディングシュートあと50cmでゴールだったのに。残念。クロスの精度は内田より劣るかもしれないけど、手薄のサイドバック陣にはいい刺激になったんじゃないかな。よく戻ってきてくれました。今日は遅れて行ったんでいきなりベンチに入っていたとは知らず、背番号「28」がピッチサイドに立ってたんでびっくりした。船越の背番号を継ぐ男。がんばってレギュラー取ってくれ。あとは・・・。


ポジティブシンキング終了。


次だね次。まぁここまで、雨の日も風の日も雪の日もホーム毎試合観戦している俺としては、ゴールデンウィークだけ招待券をもらって観戦に来ていた約8,000人のお客さんに、簡単に勝ち試合を見せるっていうのもね。そう考えたらほんのちょっとだけ前向きになれた気がする・・。

f0017860_23141446.jpg

[PR]

by corpcity | 2007-04-28 23:05 | アルビ

J2

過密日程もひと段落し、新潟の選手たちも落ち着いているところなんだろうけど、今日はJ2が開催されたんですね。そんでもって本日の結果はこちら

たまには昔を懐かしんで、2部の試合でもチェックしてみると・・・

みちのくダービーは3-3。で痛み分け。山形はホームで1人多い状況でありながらも勝てなかったね。おっと元アルビの宮沢、終了間際に同点ゴール決めたな。フリーキックからかなぁ。

水戸は長いトンネルの中。いまだ未勝利。っていうか観客958人は寂しすぎるぞ。

ベルディは・・・。5連敗。あのメンバーで失速。監督が悪いのかなぁ。。船越がんばれ。

京都も波に乗れないな

今年の草津はいいね!

福岡、京都。どっちもどっちだな。


そんなこんなで今年の昇格予想は・・・。


1.仙台
2.札幌

でしょうかね。3位は混戦だね。
[PR]

by corpcity | 2007-04-26 01:29 | サッカー

スコアレス

広島 0-0 新潟


今季初のスコアレスドロー。スカパー観戦でした。内容としては、押されっぱなしで勝ち点1を良く拾ったっていう試合でしたね。広島の監督も、新潟の監督もそのように評価しているしね。広島の監督「我々のチーム=サンフレッチェ広島しかフィールドにいないかのように私の目には映った。」っていうコメント。通訳さんの個性もあるんだろうけど???です。まぁそんな状況でも勝ち点を取れたことは大きい。個人的にはひいき目もあるけど、それほど悲観するほどの内容でもなかったんじゃないかな。確かに攻められたし、相手の決定機も多かった。でも残り20分くらいから新潟もいい攻めしてたんだよね。新潟が1点取れるチャンスはあったよ。マルシオが1対1になったり寺川がぺナの中進入したり。連戦の疲れ、雨の影響、いろんなことがあって、お互いマウスにボールを入れられなかったけど、この試合は攻撃陣を責めるより、守備陣を褒める試合でしたね。ここ数試合安定してるね。リーグ戦では、名古屋に2失点をくらったものの、

川崎:無失点(2-0勝利)
東京:1失点(3-1勝利) シルビーニョのオウンゴール
大阪:1失点(2-1勝利) 北野のトンネル
広島:無失点(0-0分け)

と、崩されて失点と言うよりもアンラッキーな失点なんだよね。俺の中では4試合連続完封勝利をあげたいくらい(笑)。立役者は「本間勲」ですかね。川崎戦からレギュラーで出場。ここまで4試合先発した試合は負けなしの3勝1分。昨日の広島戦も永田、千代がラインで守備しているの対して、勲は寿人に衛星的にはりついてチャンスの芽を摘んでた。ウェズレイにはやられてたけど、寿人にはそれほどやられなかったし。勲と言うと、どうも去年以前の不安定なイメージが脱却できず、見ていてもハラハラドキドキするのだが(新潟県出身と言う親心が働くのもあるが…)今年は安定しているのではないでしょうか。専門家じゃないから、去年と何が変わったのかわからないけど、今年はこの調子でレギュラー定着してほしいね。

鬼門ビッグアーチで勝ち点を拾えたことは大きい。次は早野マリノス。内弁慶の新潟としては、記録も途絶えたことだし、新しい記録の構築に向けて負けられませんぜ。って25試合はすごいね。
[PR]

by corpcity | 2007-04-22 14:08 | アルビ

日本の矢野


当然のごとく召集

まぁ合宿なんでこれからが勝負なんですが、欧州組の召集はないし、
我那覇の出来もイマイチだし、G大阪のバンドはスタメンで出てないし、
何よりも昨日ゴール決めたし、大丈夫だろうと思ってましたよ。オシムを
信じてましたよ。それにしても・・・。初代表招集の大盤振る舞いですな。
ジュビロ磐田の太田 吉彰は当然かなっていう感じだけど、内田や柏木などの
若い選手はどうなんだろ?実力がよくわからないし、リーグ・ナビスコで活躍
してるとも言えないし。まぁいろんなクラブからいろんな世代の選手を招集する
ことで、チームと個人の活性化につながることは、我らがキショウくんが実証
してくれてる訳なんで、よしとしましょう。そんなことより、キショウがキリンカップ
の代表にしっかり選ばれるように祈っております。
[PR]

by corpcity | 2007-04-15 23:29 | アルビ

3連勝!!!


 2-1 


得点者

前半43分 遠藤 保仁
前半44分 シルビーニョ(1)
後半37分 矢野 貴章(3)


G大阪相手に勝利。いいゲームでした。全体的には押され気味だったけど、チヨと永田の
ミツミツコンビと本間のトライアングルでスペースを消して、バレー&マグノの最強2トップ
に最後まで決定的な仕事をさせなかったね。チヨは決勝点のアシスト(ほぼチヨのゴールと
言っても過言ではない)をするなど、チームに欠かせない存在になってるね。永田、千葉
と3人でポジション争いも激化して、いい感じなんではないでしょうか。得点シーンは、
北野、松代の両GK同士のミス?でおあいこだったんだけど、北野は失点までは好セーブ
を連発していただけに、トンネルはいただけないね。2001年の41節の野澤を思い出した
人、多かったんじゃないでしょうか。まぁハーフタイム入る時にジェルソンに怒られてたし、
結果良かったんで、よしとしましょう。松代のはシルのシュートが強烈だったからアンラッキー
だったね。決勝点はキショウ!!明日、キリンカップの代表発表があるだけに、今日は
何としてでも決めてほしかったんだけど、そのとおりになったね。アトムはイマイチに
見えてたんだけど、後半30分くらいから元気が出てきていいクロスを上げてくれました。
チヨの折り返し、キショウのゴールと流れる展開にちょっぴり少ない観客は総立ちでした。
いいもの見させてもらったなぁ。目立ってないけど、その前の前のプレーで左サイドから
右サイドまで上がって執念でコーナーキックを獲得した坂本隊長。今日も一生懸命走って
ました。これがホームの力なんでしょうかね。引き分けじゃなくて勝ち点3。次のホームは
横浜マリノス。勝って早野さんのクビ決めちゃいましょう。

その前に鬼門広島アウェイ。1部では勝ってないはず・・・
勝ち点1でいいっすよ(弱気)。
[PR]

by corpcity | 2007-04-15 00:35 | アルビ

ナビスコ追記

甲府に初黒星をつけたことでD組の2位に浮上
勝率も上位2位までが決勝Tへ進出できるというルーティンの中で、現在は
その権利を得ています。勝ち点は7で3チームが並ぶも得失点差で新潟は
2位。だがしかし、各組2位からの繰り上がり当選の場合、浦和もしくは川崎
との対戦が控えているため、モチベ維持のためにも是が非でも1位突破が
必要なんですわな。次節は小瀬で甲府戦。勝てば首位。キショウが新潟初の
日本代表入りしたのに続いて、今度は決勝T進出で新たな歴史を!
[PR]

by corpcity | 2007-04-13 01:32 | アルビ

ナビスコ

2007 ヤマザキナビスコカップ Dグループ

新潟 2-1 甲府

前半 1分 マルシオ リシャルデス
後半 8分 増嶋 竜也
後半10分 千葉 和彦

お得意様の甲府相手に勝利。今日のビッグスワンも寒かったけど、勝ち点3で

気分上々でした。開始直後、右ではっていたエジから珍しくピンポイントでクロス。

いつの間にマルシオ!!ヘッド1発!!今日もやってくれました。しかも開始1分。

その後も甲府陣内でゲームをすすめ、エジがGKと1対1を作ったり、隊長がエリア

内に入っていって、ループシュート打ってみたりと、見所満載だったんだけど、残念

ながら追加点は取れず・・・。こんなんじゃいつか追いつかれるぞ~的な空気の中

後半を迎えたんだけど、案の定やられちゃったね。増嶋。彼、去年のホーム開幕戦

エジにバックパスを奪われて失点され、それ以来スタメン落ちをしてしまったんだよな。

そんでもって東京追放、甲府入り。世代別の日本代表に選出されてたし、元から実力は

あった選手なんで、新潟以外では頑張って欲しいね。やっぱりというか何と言うか

追いつかれた新潟だったけど、千葉ちゃんがJ初ゴールですぐさま勝ち越し。あれは

大きかったね。よく決めてくれた。千葉ちゃんこの調子でU22代表復帰目指せ!!

でも北野への殺人バックパス!!あれは心臓に悪いからやめれ!!それにしても

マルシオは効いてるなぁ。なんかセットプレーがワクワクするもの。いい選手取った

なぁ。このまま2-1で終了。相手は引き分けで御の字という中でのゲーム。勝ち点3

取れたことは大きいですね。これで自力首位通過の可能性が復活。名古屋はナビ

を完全に捨てたらしく、最後のホーム名古屋戦は絶対に勝つとして、次の甲府アウェイが

勝負どころだね。J1の先輩として、意地を見せて欲しい!


寒かったけど、観客少なかったけど、桜も見れたし個人的には満足でした。
[PR]

by corpcity | 2007-04-12 01:10 | アルビ

リーグ2連勝!

 1-3 

■■ 得 点 ■■
21′ 14 坂本 將貴
52′ 27 マルシオ リシャルデス(PK)
55′ 10 エジミウソン
61′  オウンゴール(シルビーニョ)


残念ながらTV観戦でした。イマイチ調子の上がらないFC東京を

相手にしっかりと勝つことが出来るかという試合でしたが、結果は◎。

MVPはもちろん坂本隊長だね。あの1点目のゴール、ばっちりとイン

サイドで蹴ったボールはキーパーの手をくぐり抜けてサイドネットへ。

フェイントでDFをかわしてから、落ち着いてきっちりとシュートが打

てる日本人選手がこれまで新潟にいただろうか。あの身のこなしは

DFの動きじゃないね。同じチームの某日本代表FW(○野キショウ)

には是非見習って欲しいな。2点目のPKを獲得、イノハを退場に葬った

プレーも見事でした。ペナに入って強引に勝負、まさにFWのような

ドリブルでした。同じく矢○くんには見習って欲しいプレーだね。PK

獲得後は、エジしっかり決めてね!って思ったんだけど、キッカーは

マルシオ。「俺リーグまだ点決めてないから俺に蹴らせろ、先輩だぞ」

「は、はい、わかりました。じゃあ決定機があったらパス下さいね先輩」

的なブラジルトークがあったのかどうかは知らないが、キッカーは

マルシオ。エジがPK外したところって見たこと無かったから、今回も

大丈夫だろうと思っていただけに、「マルシオ?」と冷や冷やでしたが

決めてくれました。コースが甘くてキーパーの手に当たったけどね。

ゴールはゴール。そういや、相手のGKドヒさんじゃなかったね。確か

長いこと連続出場中で記録持ってなかったっけ?と思い調べてみたら

あらま。去年で記録は途絶えていたんだね。初めて知った。

まぁそんなことはどうでもよくて、エジからPKを強奪したマルシオですが、

相変わらずいい味出してます。とにかくいつの間にかゴール前にいるんだ

よね。エジのループシュートがクロスバーを直撃してはねかえりを絶妙の

ポジショリングで頭で押し込んだり。残念ながらこれはオフサイドだったけど

3点目はキショウからの折り返しをエジがキックミスして、なぜかボールの先

にはマルシオ。ごっつぁんゴールかと思いきやまたもやクロスバー直撃。その

跳ね返りをエジが決めて3-0。PKのお返しかな。とにかくエジ、マルシオの

コンビネーションも良くなってきたし、キショウもゴールこそないけど、起点に

なっていて、体も切れてるし、攻撃陣は上がり調子だなぁと感じました。シルも

反対側のゴールだったけど、ゴール決めたからブラジル人そろい踏みだね!?

だがしかし、3-0、相手は10人というメンタリティが新潟の攻撃を雑にしたね。

解説の金田さんも言ってたけど、「なめてた」ね。仕方ないところもあるんだろう

けど、1点取られてからの新潟は2点リードというのを感じさせないくらい冷や汗

ものでした。落ち着きがないというかなんというか。東京の目が覚めるのがもっと

早かったら危なかっただろうね。やっぱり決めるところ決めないと。河原とか

深井のくすぶっている選手をどんどん早めに使ってほしかったね。オシム

来てたし、アピールするには絶好の場だった訳だから。結果、大勝ムードも反省の

多い試合となりました。それでもアウェイ勝ち点3は大きい!次はナビ杯、甲府。

相手は3連勝で首位。ここらで土をつけないと甲府の予選リーグ突破を目の当たり

にしてしまうぞ。4月のナイトゲームは寒いけど頑張って観戦します。河原、アトム、

深井あたりにチャンスを与えてほしいな。
[PR]

by corpcity | 2007-04-08 16:03 | アルビ